出席・欠席だけつければいいわけではない

結婚式などの招待状が往復ハガキで届くことがあります。招待状を送ってくれた新郎新婦にとっては、その返事が届くのが待ち遠しいもので、早く返信が届くと嬉しいものです。新しい人生の門出をお祝いすると言う気持ちは、往復ハガキの出席や欠席の返事を送り返すことから始まっています。往復ハガキが届いたら、できるだけ早めに返信するようにしましょう。往復ハガキを返信する際にはいくつかのマナーがあります。どちらかに丸をつけて早く送り返すというのではなく、マナーを守って返信することが大切です。出席の場合には2.3日中か、遅くとも1週間以内に返信をするようにしましょう。まず、ハガキの宛先面の宛名の下の、行とう言う文字を2本線または斜線で消します。その横に、様と書き直しましょう。はじめから様と記載されているときにはそのままでよいです。裏面の、欠席の文字をまるで囲み御出席となっている場合には「御」の部分を2本線または斜線で消します。御住所、御名前の御も同じように消しましょう。御欠席の文字も2本線で消します。また消した御の文字の横に、寿の文字を書くとおめでたい場にふさわしく華やかな印象になりますしハガキの余白に一言お祝いのメッセージを添えるようにすると、お祝いの気持ちと招待に対するお礼の気持ちを相手に伝えることができ、新郎新婦に慶んでもらうことができます。欠席する場合には、招待の往復ハガキが届いたら返信をする前に、電話で事前報告をするとよいです。この場合にはあまり早くにハガキを返信してしまうと、はじめから出席する気がなかったと思われてしまうこともあります。まずは電話で事前報告をして、お祝いの言葉と出られるかは難しいが調整をしてみるなどの旨を伝えその後、数日おいて返信ハガキを出すようにしましょう。その際に余白に仕事の都合で残念などと言う理由を書いておくとよいです。しかし不幸や事故、病気などの場合には理由をはっきりと書かないのがマナーです。結婚式はお祝い事なので2人の幸せに水を差さないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>