書き方で大人とみられないことも

往復ハガキを出す時は、マナーというものがあります。メールが普及してしまい、あまり使用する機会が減ってしまっているからこそ、きちんとした往復ハガキの書き方マナーは知っていたいものですよね。まず、往信ハガキのあて名面を記入しましょう。郵便番号から住所・氏名までキチンと記入して、あて名の下には「様」などの敬称も忘れず記入します。会社宛ての場合ですと、「御中」になります。このあたりは大人の人でも間違えて「様」を付けている人をよく見かけますから、注意が必要です。往信ハガキの裏には、相手の方に伝えるべきことを記入しましょう。往復ハガキを出す時というのは、返信面の宛先まで自分で書いておかなければいけません。自分充ての郵便番号・住所・氏名をきちんと記入しておきましょう。氏名の敬称は省き、「行」か「宛」と小さく記入しておきます。このあたりも知っていないと出来ない事ですから、キチンと覚えておく必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>